老い支度にかかる費用

老い支度とは、元気なうちに将来の不安に備えておく事です。
まだまだ、20年も30年も元気に生きる!そんな方に、20年後の対策をしていただく
事が老い支度の趣旨になります。

「今じゃなくて良いよね?」 期限がないため後回しにしがちな問題であります。

私どものところには、月に50~60件の相続のお問い合わせをいただいております。
しかし、ご相談に来られる方の5人に1人は、事前に対策をしていれば、スムーズに手続きや名義変更を
進めることが出来た方なのです。

残念ながら、月に10件前後は、残念ながら着手するべきタイミングを逃してしまい、
数十年も放置されてしまった結果として、実際に病院の入院や老人ホームの入居時になって
適切な手続きが困難な困った事態になってしまうのです。

まずは、無料相談から対応させていただきます。
お気軽にお問い合わせ下さい。 

お手伝いに関する必要事項は、以下のとおりです。

 

老い支度の費用

任意後見契約: 契約書の作成支援 80,000円~
任意後見人に就任: 50,000円~
見守り支援 : 月次の訪問支援 10,000円~
財産管理支援: 3,000円/月 ※相続人または親近者の方に毎月のご報告
遺言書の作成: 48,000円(自筆)、98,000円(公正証書の場合)

 

 

 

その他、生前対策と老い支度について、詳しくはこちら!

 

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はコチラ
  • 事務所へのアクセス

岡山で相続・遺言に関する相談なら

岡山相続遺言相談プラザ0120-193-552まで

電話番号をクリックしていただきますと、スマートフォンでそのまま電話がかけられます。