遺言書作成の重要性

亡くなった後の具体的な費用として、ご葬儀、供養費用、後払いの入院費用や介護施設料などが
あります。死後に発生するこのような費用に関しても支払う人や支払い方法をきちんと
決めておく必要があります。

こうした支払いを知人や介護ヘルパーさんに「何かあったらこの通帳から払ってください」と
口頭でお願いしてしまうというケースが多くみられます。
しかし、ご本人がお亡くなりになると、権利関係が変わるので、法律的に権限のない方は、
残った財産を勝手に使うことが出来ません。
また、良かれと思って対応してくれた善意の方を厄介な法律問題に巻き込んでしまうことになります。

特に、残った財産は「相続手続き」が必要であり、重大な問題をはらんでいる危険があります。

身近な方に迷惑を掛けない目的をもって、、「遺言書作成」や「事前の生前契約」を通じて
誰がどこから支払いを行うのか、明確に決めておくことをお勧めします。

まずは、代行してくれる専門家(司法書士・行政書士)に相談、確認しましょう。

また、遺言書作成の際は、支払いと精算をしてくれる人を合わせて決めておきましょう。

 

その他、生前対策と老い支度について、詳しくはこちら!

 

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はコチラ
  • 事務所へのアクセス

岡山で相続・遺言に関する相談なら

岡山相続遺言相談プラザ0120-193-552まで

電話番号をクリックしていただきますと、スマートフォンでそのまま電話がかけられます。