岡山相続遺言相談プラザ お電話でのお問い合わせ0120-193-552

【年末年始休業日】2020/11/29(火)~2021/1/3(日)

新型コロナウイルスに伴うお客様対応について

トップページ>遺産分割の方法について>未成年者がいる場合の遺産分割

未成年者がいる場合の遺産分割

相続人に未成年者がいる場合、未成年者は確定的な遺産分割協議が出来ません
確定的な遺産分割協議をするためには以下の2つの方法が検討されます。

①未成年者が成年になってから遺産分割協議を行う。
②代理人が遺産分割協議をする。

未成年者の代理人は、通常、親がなりますが、親子揃って相続人となる典型的な場合、法律上の問題が生じます。
この場合、親と子供の利益が相反することになるため、親が子供の代理人となって遺産分割をする事が法律によって認められていません。
この法律の目的は、両親から子供の財産を守ることにあります。
親と子供の間で遺産分割協議を有効に行うためには、特別代理人の選任を家庭裁判所に申立てをする必要があります。

 

その他、遺産相続の方法について詳しくはこちらからご確認ください!

 

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はコチラ
  • 事務所へのアクセス

岡山で相続・遺言に関する相談なら

岡山相続遺言相談プラザ0120-193-552まで

電話番号をクリックしていただきますと、スマートフォンでそのまま電話がかけられます。