岡山相続遺言相談プラザ お電話でのお問い合わせ0120-193-552

【年末年始休業日】2020/11/29(火)~2021/1/3(日)

新型コロナウイルスに伴うお客様対応について

トップページ>相続税について>みなし相続財産とは

みなし相続財産とは

亡くなられた方の所有物ではない財産であっても、みなし相続財産という課税対象と
なる財産があります。このみなし相続財産とはどのようなものが該当するので
しょうか。下記にて確認しましょう。

 

生命保険金

亡くなられた方が保険料を負担していたものは「みなし相続財産」として課税対象となる場合があります。
保険料を負担していなくても、受取人が亡くなられた方になっている場合には、亡くなった方の財産と
なりますので、課税の対象となります。

 

死亡退職金

死亡によって受け取る退職金や功労金などで死後3年以内に支給が確定したものは「みなし相続財産」
として課税対象になります。

 

年金

亡くなった方が掛け金を負担しており、ほかの方が契約者となっている場合は、契約者は相続によってこの契約の
権利を取得したものとみなされます。

 

権利

遺言できわめて安い価格で財産を譲り受けた場合や、借金を免除してもらった場合などは、その経済的利益相当額を
遺贈によって取得したものとみなされ、相続税が課されます。

 

その他、相続税について詳しくはこちら!

 

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はコチラ
  • 事務所へのアクセス

岡山で相続・遺言に関する相談なら

岡山相続遺言相談プラザ0120-193-552まで

電話番号をクリックしていただきますと、スマートフォンでそのまま電話がかけられます。