トップページ>遺産分割協議書の作成>遺産分割の手続きにおけるトラブル

遺産分割の手続きにおけるトラブル

遺産分割における問題は非常に様々です。相続財産を扱うことから個人の感情や、関係のない親族が関わってきてなかなか進まないなどの事例がよく耳にします。他にも、遺産相続のご相談では、下記のような原因が多く寄せられます。

  • 特定の相続人が、被相続人の預金口座や財産の情報をしまい込んで開示してくれない。
  • 相続財産の大半が不動産で、相続人が複数いるため各相続人へ分割しづらい。また公平な分割が難しい。
  • 相続財産が、プラスの金融資産や不動産のほかに、株式、借金など様々あり、整理がつかない。
  • 被相続人が、生前に特定の相続人に多額の贈与をしていた。
  • 法律上、まったく何の権限もない親族が遺産相続に絡んできて話をややこしくしてくる。
  • 相続人に、後妻、非嫡出子、養子などの相続人がいる。
  • 自分の利益を追求して、身勝手な遺産分割の割合を主張して、聞かない人がいる。
  • 遺産分割の財産が多額で、相続税が発生するものの、分け方で合意が取れない。

 

このような、遺産分割における問題は、非常に複雑で法律も難しいですが、それ以上に感情論となっていると、さらに解決を遠ざけてしまいかねません。こうした問題の解決を目指す場合、下記のようなアプローチが効果的です。

・遺産分割における問題解決

・家庭裁判所を通じて法的な解決

この2つについて下記にて説明させていただきます。

 

遺産分割における問題解決方法

話し合いを通じて協議分割を目指す方法です。相続人法定相続分相続関係を明確にして、相続財産調査して、まずは協議分割のテーブルの上にすべての財産の目録を並べて遺産分割協議を行います。また、協議分割を目指す場合は、相続関係説明図(相関図)を作成します。相続人の一人がしまい込んでいることによって、全体像の分かりづらくなっている財産を調査していき、財産目録を作成します。

こうしたアプローチは、協議分割に必要な書類を集める権限がある司法書士・行政書士が書類作成業務を通じてご支援することができます。お気軽にご相談下さい。しかし、紛争や調停を前提としたご相談の場合は、弁護士の先生に担当していただきます。その際は弁護士の先生をご紹介させていただきます。

 

家庭裁判所を通じて法的な解決を目指す

  • 話し合いでの解決が難しいのであれば、家庭裁判所の調停員に入ってもらって、解決しなければならない事もあります。その他にも、気まずいので相手方と話したくない。仲が悪く話したくないなどの場合、護士の先生に代理人として間に入ってもらって解決へ導いてもらうこともできます。そのような場合でお困りであれば、弁護士の先生にご相談いただくことをおすすめいたします。お問合せいただければ、協力先の信頼できる弁護士の先生をご紹介させていただきます。

※弁護士の先生にご相談いただく場合、有料相談となる場合もございますので、予めご了承ください。

多くの場合は、遺産相続に関する問題は、時間が経過すればするほど、解決が難しくなってしまいます。
早いタイミングで、まずは専門家にご相談されることをおすすめいたします。

協議分割を目指す場合、問題解決に向けた手続きのご相談は当プラザにご相談ください。

 

手続きが進まないが、協議分割を目指したい場合

遺産分割は進まないものの、親族間における人間関係も壊しかねない上に、そして自分が相続する財産の約10~15%にもなる高額の報酬を弁護士の先生にお支払いしてまで、何年も争っていく意味が無いし、そんな事はしたくないという方も多いかと思います。そうお考えの方は、是非ともきちんとした相続手続きを踏んでいただき、まずは協議分割を目指されることをすすめいたします。当プラザでもお客様のそのようなお手伝いをさせていただきます。改めて、協議分割に向けた手続き をご確認ください。

 

 

 

遺産分割協議書の作成について、詳しくはこちら!

 

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はコチラ
  • 事務所へのアクセス

岡山で相続・遺言に関する相談なら

岡山相続遺言相談プラザ0120-193-552まで

電話番号をクリックしていただきますと、スマートフォンでそのまま電話がかけられます。