岡山相続遺言相談プラザ お電話でのお問い合わせ0120-193-552

【年末年始休業日】2020/11/29(火)~2021/1/3(日)

新型コロナウイルスに伴うお客様対応について

トップページ>家族信託>家族信託必要度チェック

家族信託必要度チェック

下記に当てはまる方は、特に家族信託を検討されることをおすすめするお客様です。

認知症に対する不安がある方…

自分が認知症になる前に、不動産の管理・処分ができるように子どもに権限を渡しておきたい。

万が一、親が認知症になっても相続税対策や賃貸物件の管理を継続させたいのだが、何か方法はないだろうか。

遺産分割に対する不安がある方…

二次相続が発生した後、遺産分割の不安や特定の希望がある。(孫には遺産を渡したいが長男の嫁には渡したくない etc)

前妻や前夫の連れ子がいる、内縁の配偶者、行方不明者、意思能力がない人がいるので、遺産分割協議がスムーズに行うことができないと予想される。

親なき後問題に対する不安がある方…

子どもや孫に、障碍のある子がおり、自身で財産管理をすることができない。自分の亡くなった後の生活保障をなんとかしたい。(親なき後問題)

共有名義に対する不安がある方…

現在または将来、共有名義になる不動産や株式があり、今後遺産分割で揉める可能性があり心配。

事業承継に対する不安がある方…

株式が経営者以外にも分散しているため、集約をさせたい。 (議決権集約型)
株主が経営者1名のため、認知症になると経営がストップするためリスクを分散させたい。

家族信託についてもっと詳しく

信託の設計方法
家族信託を活用する場合の費用
家族信託活用事例集プレゼント

各種対策としての家族信託

対策としての家族信託

家族信託は認知症対策、相続対策、事業承継対策の一環としても有効です。また、親亡き後問題への対応策としての利用も。

それぞれのケースについて解説しておりますので、詳しくは 「対策としての家族信託」ページ をご覧ください。

家族信託の活用事例
不動産対策や相続対策継続など、家族信託の活用事例を5つのケース別にご紹介。
家族信託における違いについて
遺言信託、成年後見、財産管理委任契約との違いを解説いたします。
  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はコチラ
  • 事務所へのアクセス

岡山で相続・遺言に関する相談なら

岡山相続遺言相談プラザ0120-193-552まで

電話番号をクリックしていただきますと、スマートフォンでそのまま電話がかけられます。