トップページ>相続人調査と財産調査>戸籍収集と相続人調査の重要性

戸籍収集と相続人調査の重要性

相続人調査には、一般に戸籍収集が必要とされています。

相続人調査とは、戸籍謄本を確認して相続人を確定し、遺言などの特別な
事情がなければ誰が法定相続人(相続する権利がある人)であるのかを調査する
ことをいいます。

おそらく、亡くなった方(被相続人)の家族関係については、ご両親や親族が大半の場合
一番ご存じであるため、戸籍謄本などを調べなくても良いと思いがちです。

しかし、家族関係の把握は第三者から見ても明らかである必要があります。
預貯金の解約や不動産の名義変更では、戸籍収集をして家族関係を明らかにできるよう、
関係機関に必要書類を提出しなければ、手続を進めることはできません

つまり、多くの方にとって戸籍収集(相続人調査・確定)は、銀行で預金をおろしたり、
不動産の名義を書き換える上で、必要書類を収集する重要な行為ということができます。

くわえて、私たち専門が皆様からご依頼をいただいた時に、下記のような事例では相続人を
確定するうえで戸籍収集が重要な役割を果たします。

・実は、先妻との間に子供がいた。
・亡くなった方のご両親と子供はがいなかった。
そのため、被相続人の兄弟姉妹とともに相続することになったが、
兄弟姉妹が先に亡くなっており、その子供たち(甥・姪)が代襲相続人が12名も
いることがわかった。
・父親が相続税対策で、養子縁組をしていた。
愛人との間に子供がいた。さらに、戸籍に認知されている記載があったため、
その子供が、相続で実子と同じ取扱いの相続分を有することがわかった。

 

以上のような事例は、戸籍収集をして初めて相続人の確定が問題だと気付くものです。

また、通常の場合でも、面倒で複雑な戸籍収集をしなければならない方は、
実は非常に多くいらっしゃいます。
例えば、不動産が亡くなった親の名義ではなく、すでに亡くなっている祖父や祖母の名義の
ままであった場合です。この場合、祖父や祖母の出生から死亡までの戸籍収集をしなければ
なりません。住所の変更や戸籍自体の改製で戸籍を一度に集めることは難しくなります。

このように、相続手続きにおいては戸籍収集が必ず必要となりますので、
しっかりと確認する必要があります。

戸籍収集でお困りの方は私たち専門家にお気軽に一度ご相談ください。

 

その他、相続人調査と財産調査について詳しくはこちら!

 

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はコチラ
  • 事務所へのアクセス

岡山で相続・遺言に関する相談なら

岡山相続遺言相談プラザ0120-193-552まで

電話番号をクリックしていただきますと、スマートフォンでそのまま電話がかけられます。