法定相続人とは

法定相続人とは、民法で定められた相続することができる人のことをいいます。

配偶者がいる場合は、配偶者は常に相続人となりますが、その他の相続人の順位との

組合せの結果として配偶者の相続分は増加することがあります。

 

第一順位

配偶者と子が相続人の場合は、相続分はそれぞれ配偶者1/2,子1/2となります。

子が複数いる場合は子の相続分1/2を均等配分します。

子が既に死亡していたり、廃除や欠格によって相続の権利を失っている場合は、相続

放棄をしたときを除いて、それらの子(被相続人の孫)が代わりに相続します。(代襲相続)

子には、嫡出子だけでなく、非嫡出子、養子、胎児なども含まれます。

 

第二順位

父母が相続人となれるのは、子や孫などの直系卑属がいないときだけです。 

配偶者と父母が相続人の場合は、相続分はそれぞれ配偶者2/3,父母合わせて1/3となります。

父母ともに健在のときは、1/3を均等配分します(1/6ずつの相続分)。 

子や孫などがいなくて父母ともに亡くなっている場合は、祖父母が相続人となります。

さらに祖父母が亡くなっている場合は、曾祖父母が相続人となります。 

 

第三順位

兄弟姉妹が相続人となれるのは、直系卑属(子や孫など)と直系尊属(父母や祖父母など)が

いないときだけです。 

配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合は、相続分はそれぞれ配偶者3/4,兄弟姉妹合わせて1/4です。

兄弟姉妹が複数いる場合は、1/4を均等配分します。

兄弟姉妹に亡くなっている人がいる場合は、それらの子(甥や姪)が1代に限り代襲相続します。

 

 

その他、相続人調査と財産調査について詳しくはこちら!

 

 

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はコチラ
  • 事務所へのアクセス

岡山で相続・遺言に関する相談なら

岡山相続遺言相談プラザ0120-193-552まで

電話番号をクリックしていただきますと、スマートフォンでそのまま電話がかけられます。