遺留分の相談

2016年02月4日カテゴリー : 相続遺言ブログタグ :

司法書士の牧です。

先日こんな相談がありました。
「将来発生する父親の相続について、他の兄弟はいらないと言っているので、今のうちに
相続放棄や遺留分放棄をしておいて欲しい。一筆入れてもらっておけば良いか?」というものです。

結論は【NO】です!!
まず、相続放棄は、生前に行うことはできません。
また、生前の遺留分放棄は、家庭裁判所の手続きによります。
家や事業を継ぐ方にとっては、生前に決着をつけておきたいという気持ちがあるのも分かります。
生前に遺産分けができてしまっているようなケースで、ご家族全員が賛成している場合には、遺言と
遺留分放棄ということも考えられますが、遺言は自由に書き換える事が出来ます。
慎重に検討する必要がありますね…。

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はコチラ
  • 事務所へのアクセス

まずはお気軽にお問い合わせください

電話番号0120-193-552

電話番号をクリックしていただきますと、スマートフォンでそのまま電話がかけられます。