トップページ>相続遺言ブログ>手紙にこめられた思い

手紙にこめられた思い

2015年08月4日カテゴリー : 相続遺言ブログタグ :

岡山相続遺言相談プラザの牧です。
今日は、半分は仕事、半分はプライベートなお話です。
私は、遺言も、自分の死亡時の手紙も書いております。
皆さんは、遺言とか亡くなった時用の手紙を書いていますか?
まあ、たいていの方が書いていないんですね。
遺言とは言いません。手紙で良いので、一度書いてみて下さい。
右手にペン、左手にティッシュかタオルが必須です。毎回必要です。
自分で書きながら涙が出ますよ! 照れる人は一人で書いてみて下さい。
以前に、亡くなった時の手紙を書く会をしましたが、みんなで鼻をすすり
ながら書くような会になりました(本当に)。
 「本当にいろいろありがとう」  「どうか子どものことをよろしく」
 「わがままばかりでごめんなさい」 「あの時してやれなくてごめんね」
 「苦労をかけて申し訳なかった」「実はあれだけは許せなかった」 
 「もう少し生きたかった」 「また次の人生でも会いたいです」
遺言では財産のことを書きますが、お金で買えないものもありますよね。

  • 無料相談はこちら
  • 事務所案内はコチラ
  • 事務所へのアクセス

まずはお気軽にお問い合わせください

電話番号0120-193-552

電話番号をクリックしていただきますと、スマートフォンでそのまま電話がかけられます。